影膳等14Q&A

131、影膳とは?

影膳は、長期の旅行や遠方にいる人の無事を思いながら備えたものだと言われています。これに倣って、今、ここに居ない故人様を偲んで置かれるようになりました。浄土真宗では、影膳はご用意しない場合もあります。もう、阿弥陀様が救ってくださっているので、旅はしないという理由かもしれません。

町田市葬儀社:町田市民葬祭提供

132、町田市 葬儀社と町田市 葬儀屋は、どっちが正しいの?

葬儀社より以前に呼ばれていたのは、葬儀屋です。屋号は職種を言う事に付けられた名称も多く、例えば、八百屋、魚屋などに見ることが出来ます。時代の流れの中で、株式会社という組織名称が社会の主流になりますと、葬儀社と呼ぶことも多くなってきます。時代の流れの中で、名称が変化してきましたので、どちらも正しいと言えます。

町田市葬儀社

町田の葬儀社:町田市民葬祭提供

133、直葬・火葬式・密葬ってどう違うの?

直葬は通夜・告別式を行わず火葬のみのご葬儀ですので、火葬式とも呼ばれています。密葬は通夜・告別式を親族や限られた知人などで行い、後日、お別れ会などを開催される前提の葬儀を密葬と呼ぶことが多いようです。芸能人などのお葬式をイメージすると良いかもしれません。最近は、人にあまり連絡されないという事で、直葬と同じように思われている方もいます。また、直葬も家族のみで行うことが多いため、家族葬と同じだと思われている方もおいでになります。どのようなご葬儀を行いたいか、このような言葉にとらわれずお話しされるのが良いと思います。

町田市直葬・火葬式

町田市 葬儀社:町田市民葬祭提供

134、町田市 火葬場の読み方。

NHKのニュースなどでは、(かそうば)と報道するそうです。しかし、世間一般では、(かそうじょう)と使うことも多く、132の町田市 葬儀屋町田市 葬儀場のように、どちらでも良さそうです。

南多摩斎場・火葬場

町田市葬儀:町田市民葬祭提供

135、生前葬について。

自分の余命を受け止めて、生前に人生で巡り合った人達に感謝したい。という思いで、感謝の会などを開かれる人もおいでになるようです。この場合、あまり、生前葬という言葉は、使わないようです。私は、生前葬は費用もかかり、流行るのは難しく思います。

町田市葬儀社:町田市民葬祭提供

136、自由葬って?

形式に囚われず、自由に葬儀を行う葬儀の事を言いますが、やはり葬儀は、儀式でもあり、長年に積み上げられてきた、地域の習慣や風習があったり、お寺さんとの関係もあり、リスクを伴うことも多くあります。町田市のお寺さんでも、町田には、「うちのお寺で葬儀をしないとお墓に入れないよ」と言うとんでもない困った拝金主義の寺もあります。どのような葬儀を行うのかについては費用の面がかなりのウエイトをしめますので、例えば、直葬など、あまり通知せずに葬儀を行う場合、良く町田市の葬儀屋とご相談されることをお勧めします。

町田市葬儀社

町田葬儀:町田市民葬祭提供

137、エンディングノートについて?

お花など、季節にないないものもありますので、書かれたノートを見たご遺族は、大変苦労する時があります。ノートには、安置場所、知らせる範囲、どこでやるか、どういう装飾、どういう宗教でやるかの5点を書けば大体は決まってきます。書き出す時期ですが、70歳~が良いかと思います。若い人は、いろいろと将来が変わってきますので、あまりこだわらないほうが良いと思います。

エンディングノート

町田 葬儀:町田市民葬祭提供

138、福岡県ゴールド事業協同組合、破産 。

破産した組合は「福岡県ゴールド事業協同組合」(福岡市西区)。パンフレットによると、⦅終身の葬祭保証」をうたう「FGカード」の場合、毎年1万1千円の会費(掛け捨て)を払うと、満75歳以上は35万円、74歳までは60万円相当の葬儀サービスを提供する。男性は知人の紹介で1999年5月、夫婦で加入。毎年送られてくる「会費納入のお願い」のはがきに従い、昨年までに計41万8千円を支払っていた。⦆2018/01/01付 西日本新聞朝刊より。
破産した協同組合は、いわゆる互助会費のようなものです。2,000人の人が引っかかってしまいました。上手い話しには、裏があるということですかね?
長いスパンの預け金は、銀行などの破産しても、預金機構が担保(限度はありますが)してくれる先に預金したほうが良いようです。

町田市葬儀社の町田市民葬祭提供

139、魂は存在しますか?

良く49日納骨までは、こちらの世界に亡くなった魂はいられて、その後、あちらの世界に行かれると言われます。魂が存在しているかは、いずれ化学が証明するかもしれません。色々な現象が確認されていますので、いづれ明らかになるでしょう。ところで、亡くなった人の魂は何処に行くのでしょう?神道では、その家の守り神になったり、仏教では、極楽浄土へ行ったり様々です。科学では「生物のそれぞれの個体は、遺伝子が悠久の旅をするための乗り物に過ぎないリチャード ドーキンス。もしかしたら、魂は遺伝子という乗り物に乗って悠久の旅をしているのかも知れませんね。

遺伝子の乗り物

町田市家族葬:町田市民葬祭提供

140、卒塔婆とは?

卒塔婆は、追善供養のためにたてられます。塔婆を立てることは善を積むことであり、故人や先祖の冥福になると考えられています。また、塔婆供養することは、自身の善い行いとしても意味があると言われています。善を積むと言うことです。良く知られていることですが、卒塔婆は、仏舎利塔をイメージして作られています。五重塔はお釈迦さまのお骨を供養する、供養塔です。 因みに浄土真宗では塔婆は基本立てないようです

町田市・お寺・卒塔婆

町田市葬儀社:町田市民葬祭提供

町田市家族葬町田市葬儀社の町田市民葬祭・よくある質問Q&A執筆責任者・小笠原行雄